平成28年 『今年も水戸・那珂川遠泳に参加しました。』


 今年も海の日(7月18日)に、水戸は那珂川で開催された遠泳に当会会員有志(全14名)で参加をして来ました。天気予報は曇り、東京を早朝に車で出発したときには予報どおりの曇天で、「晴れて欲しいなあ」と思いながら常磐道をひた走り。村田さんの車をはじめ当会関係車両は7:30~8:00の間には水戸・青柳公園プールに無事に到着しました。主催者発表では茨城県内外から83名の参加者とのことでした。

 8時頃には受付を済ませ、お揃いのキャップ、プログラム等を受け取り、8時半には開会式。水戸市長や水戸市水泳協会会長等の挨拶、諸注意を受けた後、バスに分乗し出発地点へ移動。出発地点到着後は荷物を預け、準備運動、班編成と目まぐるしい動き。当会メンバーは、平泳ぎ1班のグループに属し、横泳ぎグループの後に入水しました。水温は23℃程度と少し冷たく感じました。今年は、泳ぎ開始の9:30が上げ潮に向かうところで、いわば下げの最高だったため、入水から川の中央部までは歩いて移動という程、水深が浅く貴重な体験をしました。

 泳ぎ始めて暫くすると、上げが始まりさらには向かい風で自力の泳ぎで進まねばならぬことと、前からは波が向かってくるという難儀な遠泳でした。本来の醍醐味である川の流れに後押しされながらの泳ぎには程遠い遠泳で、今年初参加の会員には是非来年も参加をしてもらいたいと思います。

 それでも、途中の橋上からは手をふって応援してくれる人達もおり、大いに励まされました。天気も曇りから晴れへの変化が見られ、泳ぎ始めて約100分後に、ゴール地点である水府橋の少し上流左岸に無事到着し、大会関係者・ボランティアの皆さん方の差し出す手に掴まりながら上陸しました。かかった時間は昨年の丁度倍くらいでした。そして、荷物を受け取り麦茶の提供を受け、歩いて青柳公園プールへ戻り、シャワー・着替え・完泳証とおにぎり弁当を受け取り解散。この大会を支えてくれた多くの方々に感謝です。

 その後は当初予定のとおり、水戸駅近くのホテルに向かい、その中のレストランでホリディランチを思う存分食べて帰路につきました。

 良い一日でした。来年も是非参加をしたいものです。

 

                  平成28(2016)年7月吉日

                   霞ヶ丘游泳会代表 三井 俊介

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です