海レポ


8月9日 晴れ 強風

台風の後でした。
準備をしたら、磯へ。
バディを決め、三点セットをつけて海へ入ります。
今年の海は暖かかった。
風のせいか、水中は濁っていてほぼなにも見えず。
シュノーケルで息ができるのをいいことに、クラゲのように手足を投げ出してふわふわ水に浮いていました。
海の浮力は本当に素敵。
海合宿の参加は今年で3年目ですが、なんということでしょう、年ごとに浮力が強くなっていってます。
初年は海の浮力なんて言うほどじゃないじゃんって思いましたが、
今年なんかもう沈む気がしない。
海も進化しています。
もっとも、ここでの課題は、ジャックナイフ潜り。クラゲの真似ではありません。

磯の浅瀬に海水が溜まっていて、強い日光で温められてお湯になっていました。
菊池さんがなにかの野生動物のようにそこに浸かっていました。

後半は岩のプールへ。
海水でありながら周りが囲まれているという都合のいい場所です。
今年は、ずっとなにか課題が与えられるというより、全体に自由度が増していたので、練習する人はする、遊ぶ人は遊ぶといった感じでした。
わたしは海に浮かんでるのがうれしいので、だいたい、浮かんでいました。
手をまっすぐ万歳に上げて、立ち泳ぎができるなんて、ここならでは。

8月10日 快晴

素晴らしいお天気。
海も暖か、とても静か。

一分間浮かんで、潮の流れを確かめたあと、軽く遠泳を始めます。
テーマはきちんと隊列を組み、乱さないこと。

ゆっくりゆっくり進んでいたら、爽やかな監視員の若者がボディーボードに乗って様子を見にきました。
お年寄りの皆さん大丈夫ですか?とその目が言っています。
三井先生が「心肺蘇生できます」とか謙虚に説明をしてらして、こういうときいつも思うんですが
「わしが日赤の三井俊介じゃー知らんのか若造」みたいなことは言わないんですね。
一度かましてほしいものです。

せっかくの心肺蘇生の技術も披露することなく、隊列も揃って無事40分間の遠泳を終えました。

午後からは、クロールをたくさん。
クロールは前が見えないので、ときどき前を向かないと、とんでもない方向へ行きます。
ってことで、ここでもテーマは、クロール+前方確認、それと、楽な長距離クロールの泳ぎ方。

それから、日本泳法のシンクロをちょっとだけ。
みんなで3角形を作って、平体で。
ちゃんと型にはまるのはとても難しい。
でも、今年はここまで出来たということで、先生は満足げでした。

8月11日

雨まじりの曇り

曇った日の静かな海もいいものです。
空と海の境目がぼやけて、そこに浮かんでいると、夢の中にいるようです。

海游泳では、海での作法をいろいろ教わります。
みんながこれを知ってれば、海の事故はだいぶ防げるだろうなという。
最初から最後まで、うるさく言われて、絶対大事なことは、バディを決めよ、バディから目を離すな、離れるなということでしょうか。

さて、最終日、毎度おなじみのボール遊び。
そして波乗り。波乗りは楽しいです。うまく決まると体の下に波頭が来て、するーっと持っていかれます。
いい波を待っているのも楽しいです。
波を待ってる間は、いいことしか考えない、次うまくやることしか頭にない。普段からこうありたいものです。

今年の海は暖かかったけれども、クラゲがいました。
肌を露出してる人はもれなく刺されていました。
クラゲは嫌だな。血を吸わない分、蛭よりましかと思いましたけど、蛭は少なくとも
後腐れがないし人を殺しもしないので、対価を求めないで攻撃してくるやつはやっぱり
怖いです。

みなさん、ありがとうございました。

記;前田美奈子さん

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です