日本泳法とは

 五輪で競われる、競泳、飛込、水球、シンクロ、OWSといった競技水泳が外国から入ってきた外来水泳とすれば、江戸時代を中心に日本国内で生まれ、育ち、伝承されてきたものが日本泳法と呼ばれるものになる。主として、戦(いくさ)に備える武術、即ち水術として奨励され、水を制する、あるいは水と和すことを主眼に、各々の流派が隠密裡に技術を開発し、研鑽を重ねつつ発展を遂げてきたものである。
 現在、(財)日本水泳連盟が公認しているものは13流派である。

 霞ヶ丘游泳会では、水府流太田派の泳法の体得を目的としております。

流派(日本水泳連盟が認定する13流派)

  • 神統流
  • 小堀流踏水術
  • 山内流
  • 神伝流
  • 水任流
  • 岩倉流
  • 能島流(野島流)
  • 小池流
  • 観海流
  • 水府流水術
  • 向井流水法
  • 水府流太田派
  • 主馬神伝流